令和4年度における林業の安全対策の推進について

令和4年3月31日付で林野庁より林業の安全対策の推進について連絡がありましたので、掲載します。

令和3年の林業における死亡災害発生状況は、令和2年と比べると減少していますが、
枯損木の伐倒作業や伐採作業・集積作業、刈払い等による災害が発生しており
引き続き、安全対策による災害の未然防止を行う必要がございます。

団体皆さんにつきましては、基本的な作業方法の遵守の徹底を図るとともに、
災害の未然防止や緊急連絡体制の整備などの安全対策を行ってください。

また、平成29年~令和4年までの間に発生した災害発生状況について、掲載しますのでご確認ください。

当事業において、災害が発生した場合は、直ちに長崎森林・山村対策協議会までご連絡ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。