森林内での活動における新型コロナウイルス対応に関するガイドライン

「森林内での活動における新型コロナウイルス感染者が発生した時の対応及び活動継続に関する基本的なガイドライン」について

 全国的に新型コロナウイルス感染者の新規報告数及び重症者数も減少傾向にありますが、引き続き、感染拡大防止に向けた取組を進める必要があります。 基本的に、森林は密閉空間ではありませんが、森林内での活動の前後を含め、意図しないところで、条件(①密閉、②密集、③密接)が整ってしまう場合もあり、これらも予想した予防対策を検討する必要があります。
こちら」にて、公益社団法人国土緑化推進機関の「森林内での活動における新型コロナウイルス感染者が発生した時の対応及び活動継続に関する基本的なガイドライン」をダウンロードできますので、各団体ご確認いただき、活動の際は感染拡大防止対策を行った整備をお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です